株式会社トミオの価格はクオリティに見合っているか?

2020年12月22日会社情報

トミオ

株式会社トミオは、千葉県千葉市にある会社です。創業が1970年と長い歴史があるのが特徴となっています。「トミオ」という社名は、スペイン語が由来となっています。このトミオという言葉には、「私らしく」という意味があり、「自分らしく自由な暮らしを提案する」という思いが込められているのです。

そんな株式会社トミオがどんな家を手がけているのかですが、日本の家とは違う、一風変わったモダンで洋風な家を建てていますね。具体的には、「ヨーロッパの田舎にあるような、のどかな風景によくマッチする小柄な家」や、「アメリカの街でよく見かけるタイプの白や青を基調とした住宅」などを手がけています。

株式会社トミオはこのような会社なので、「マイホームを建てて私らしく自由な暮らしをしたい」、「モダンで外国にあるような家に住みたい」という人は、ぜひ相談に行ってみてください。


↓注文住宅で失敗したくない人は絶対に確認↓

かんたん新築計画

スポンサーリンク

幅広いタイプに対応

株式会社トミオの掲げているテーマや、どんな風な家を建てているかを説明したところで、どういった長所や短所を持っているか紹介します。

まず、株式会社トミオの主な長所は2点あります。1点目は、先ほど紹介したように、外国にあるようなしゃれた住宅をつくってくれるところです。外観はもちろん、内装も非常にこだわられていて、本当に外国の家へ訪れたような気分になります。

ヨーロッパの田園風景に似合うような家や、アメリカンな雰囲気がただよう住宅などに住みたい人は、株式会社トミオの手がける家がとてもマッチしているといえます。

2点目の長所は、施工エリアが広いことです。株式会社トミオは千葉の会社ですが、千葉や茨城だけでなく、福岡や熊本といった九州エリアの施工にも対応しています。中小企業では本社のある県と周辺の県のみしか対応しないことが多いので、九州まで施工可なのは素晴らしいことです。

逆に短所ですが、あえていいますと、「家の価格帯が低めではない」というところでしょう。株式会社トミオの価格帯は、約2,000万円から4,000万円までなので、「1,500万円でマイホームを建てたい」というオーナーのニーズを満たすことは難しいです。

企画住宅だが金額は高め?

先ほど少しだけ触れたように、株式会社トミオがつくる家の価格帯は約2,000万円から4,000万円となっています。

価格帯だけでは株式会社トミオがどんな規模の住宅を建てているかが分かりませんよね。ここでは、価格だけではなく、延床面積や坪単価といった情報も見ていきましょう。株式会社トミオが実際につくった家の価格や坪単価などは、以下の通りです。

本体価格:2,070万円, 延床面積:69.65平方メートル(21.0坪), 坪単価:98.3万円

本体価格:2,850万円, 延床面積:100.82平方メートル(30.4坪), 坪単価:93.5万円

本体価格:3,700万円, 延床面積:非公開, 坪単価:非公開

【SUUMO】 トミオの建築実例一覧 | 注文住宅(https://suumo.jp/chumon/koumuten/rn_083981/jitsurei/

本体価格は先ほど紹介した通り、およそ2,000万円から4,000万円となっています。2,000万円と聞くと比較的安めと思うかもしれませんが、2,000万円の住宅は延床面積が少々小さく、坪単価が約100万円です。そのため、「ローコスト住宅より少し高めの住宅もつくってくれる」という認識は間違いといえるでしょう。

本体価格の次は坪単価を見てみましょう。坪単価は約100万円です。ここで取りあげなかった家もおおよそ坪単価100万円なので、この100万円という値段が株式会社トミオのスタンダードな価格となっています。

坪単価100万円となると、夫婦と子どもで住むような規模の家を建てる場合、そこそこの予算を確保しなければならないでしょう。よく覚えておいてください。

評判や口コミ

ここまでに紹介した事柄だけでなく、「どういった雰囲気の会社なのか」、「オーナーの評判はどうなのか」という会社の評価というのもとても大切な情報となっています。

ここでは、株式会社トミオの口コミを通して、どんな評価をもらっている会社なのかを解説します。会社の評判が気になる人は特にここを見てください。

『好きなテイストを理解してくれているので、『これはどう?』という提案に対して『可愛い!』と盛り上がりました』

【SUUMO】 【2550万円】アメリカンテイストの外観が印象的。家族で楽しんだ梁の加工も大切な思い出に – トミオ  の建築実例詳細 | 注文住宅(https://suumo.jp/chumon/koumuten/rn_083981/083981_0004_12/jitsurei/jc_0052/

『とにかく毎週見学会に行くのが楽しくて!トミオのスタッフの方々に家の見どころについて話を聞いたり、好きなテイストの話をしたりするのが楽しかったです』

【SUUMO】 【2700万円】夫婦の「好き!」を詰め込んだ、サーファーズ×カリフォルニアスタイルの家 – トミオ  の建築実例詳細 | 注文住宅(https://suumo.jp/chumon/koumuten/rn_083981/083981_0004_12/jitsurei/jc_0039/

『最高に気に入っている家です。これからも友人をたくさん呼んで、この家での生活をエンジョイしたいですね』

【SUUMO】 【3160万円】60’s~70’sのモダンカリフォルニアスタイル。靴のまま上がれる『ガレージハウス』 – トミオ  の建築実例詳細 | 注文住宅(https://suumo.jp/chumon/koumuten/rn_083981/083981_0004_12/jitsurei/jc_0038/

非常に従業員の雰囲気がよいことをうかがえますね。オーナーの好みを理解するだけでなく、提案に対して盛りあがれるだけの明るさや共感力があるというのは大きな美点です。

また、「毎週見学会へ行くのが楽しくて仕方ない」という口コミもあります。毎週出向いてしまうほど、魅力的な従業員ばかりがいるというのは素晴らしいことですね。

従業員の質だけでなく、「最高に気に入っている」とオーナーにいわせるくらい、家のクオリティもよいものとなっています。人の雰囲気や質も大切ですが、満足のいくマイホームになっているかが最重要ですからね。大満足の家に仕上がっているというのはとてもよいことです。

見学会やイベントについて

株式会社トミオでは、完成見学会を頻繁に開催しています。

見学会に参加するメリットですが、依頼しようとしている会社がどんな家を実際に建てるのかがよく分かるところです。現代では、ネット上に住宅の情報が開示されていますが、細かい部分まで見るためには自分の目で直接見るのがおすすめとなっています。

なぜ細かい部分まで見なくてはならないのかというと、「もっとよいところに頼めばよかった」と後悔するかもしれないからです。手軽に入手できるからといって、ネットにある写真や数字のみで良し悪しを判断してしまってはとてもリスクが高いです。

マイホームの購入にはとんでもない額の資金が必要ですから、石橋を叩いて渡るのをおすすめします。少々手間に感じるかもしれませんが、完成見学会に参加してみてくださいね。

公式HPはこちら⇒https://tomio.co.jp/

↓よく読まれている記事↓

茨城でデザイン住宅建てるなら検討すべきメーカーリスト

茨城でローコスト住宅を検討しているなら絶対見ておく会社リスト

茨城のリノベーション(リフォーム)業者を調査!評判のよい工務店は?

失敗したくないなら複数社の見積もりを!

かんたん新築計画

地域や予算、その他要望を入力するだけで提携各社を中心に紹介してくれるサービスです。

各ハウスメーカーとのやりとりはすべてコンシェルジュが代行してくれるため、各社と連絡の必要がないというのはのはかなり嬉しい仕組みです。

スポンサーリンク

2020年12月22日会社情報

Posted by ibrk