茨城でローコスト住宅を検討しているなら絶対見ておく会社リスト

2020年12月6日まとめ

マイホームを建てるのが昔からの夢だったという方もいるでしょう。しかし生活を豊かにするための住宅購入によって生活が苦しくなるような事態を招いては本末転倒です。

デザインや構造を規格化したり一括仕入れによって材料費を抑えることによって低価格化した住宅は「ローコスト住宅」と呼ばれ市場や建築棟数は拡大しています。ローコスト住宅が「安かろう悪かろう」と考えられていたのも昔の話で、現在では中堅クラスのメーカーと比較してもクオリティが変わらないところが多く出てきています。建物という物体に大きな金額をかけることは近年のトレンドとも合わないのかもしれません。

この記事では茨城県内でローコスト住宅に定評のある工務店を紹介していきますので、ぜひ工務店選びの参考にしていただければと思います。

関連記事:茨城でデザイン住宅建てるなら検討すべきメーカーリスト

スポンサーリンク

株式会社アゲル

アゲルでは1,000万円台で建築が可能です。これくらいの価格であれば予算が問題で家が建てられないということは少なそうです。

また1,500~1,999万円の価格帯には太陽光システムを搭載した住宅も多くあり、電気代を削減したり場合によっては0ということも可能でしょう。坪単価を公開されている事例から推測すると35~65万円程度となり幅は広くなっています。年間200棟の実績からもわかるように、ある程度施主の予算や希望に沿って柔軟に対応していることが予想できます。

公式サイト:https://www.ager.jp/

エイダイハウジング

エイダイハウジングも1,000万円から家づくりが可能なことを売りにしています。坪単価は40〜65万円程度が多くなるようです。

エイダイハウジングの特徴としては、まったくのゼロからの家づくりではなくベースとなるプランからスタートするということがあげられます。家を建てると言っても、間取りや設備をすべて考えていたらキリがありません。基本的なプランにアレンジを加えていくという進め方は、家づくりをスムーズに進められるポイントかもしれません。

公式サイト:http://www.eidai-housing.jp/

エイ・ワン

エイワン(株式会社エイ・ワン建築事務所)は、行方市に拠点をおく住宅メーカーです。ログハウス風住宅を得意としており、天然無垢材で作られる健康住宅「Cute」が特徴です。

エイ・ワンでは価格の適正化に力を入れており、アパート並みのローン返済や年収250万円ほどでも検討可能になっています。一般的に金額の目安を測る基準として坪単価が使われますが、エイ・ワンは建築費の総額をリーズナブルにすることにこだわりがあるため坪単価というものさしはあまり使わないそうです。

施主の金銭的負担に対して真摯に向き合う姿勢が感じられます。

公式サイト:https://www.a-1group.net/

家づくりナイスホームズ

水戸市を拠点とする子育て世代向けのローコスト住宅新築専門店です。

完全自由設計を謳いながら坪単価を35〜50万円と抑えているのは、価格を重視している方にとっては非常に魅力的です。オプションを追加しなければ坪単価で30万円台の家を建てることも可能です。

また家の金額はわかりにくく想定外に金額が膨れ上がったりするケースをよく聞きますが、家づくりナイスホームズではそういったケースも少なそうです。建物本体以外の工事費や申請費などすべてを含んだ価格を確認しながら家づくりを進めることで、そのような後々の追加費用やオプション費用の請求を防いでいます。

公式サイト:https://www.nice-homes.co.jp/

マツシタホーム

マツシタホームの建てる家は坪単価では40〜60万円程度の幅であることが多いようです。ただマツシタホームの特徴は、建築後にかかるランニングコストを減らすことへ力を入れた住宅であるということです。

効率よくお湯を沸かすエコキュートや劣化しにくい部材を採用することで、住み始めてからの電気代や修理費といったコストを抑える工夫が随所になされています。

参考坪単価は40〜60万円と大手のハウスメーカークラスからローコスト住宅レベルまで幅広く対応しています。選択する設備や仕様によって金額は大きく異なりますが、建築費用だけでなくランニングコストを考えるというのは今後一般的になっていくかもしれません。

公式サイト:http://www.mhome.jp/

ローコスト住宅なら家賃よりお得だけど

茨城県内で代表的なローコスト住宅メーカーについて紹介してみました。1,000万円代からのメーカーも多く土地がそこまで高くないことを考えると、比較的マイホームは建築しやすいのかもしれません。しかし住宅ローン支払いで家計が苦しくなってしまったり人生の選択肢が狭くなってしまうのは幸せなことではありません。

マンションやアパートの家賃を払い続けることと比較するとローコスト住宅であれば建ててしまったほうがお得かもしれません。ただ大きくて引き返すことの難しい買い物であることに変わりはありませんので、できるだけ多くのメーカーを見ても後悔することはないでしょう。

↓こちらの記事もおすすめ↓

スポンサーリンク

2020年12月6日まとめ

Posted by ibrk