藏持(蔵持ハウジング)のオーダーメイドは口コミ高評価

2021年2月25日会社情報

茨城県牛久市の株式会社藏持。1946年に創業された建設業の会社が前身であり、現在の代表取締役の蔵持圭一さんは3代目となります。日本の伝統技術を受け継いだ確固たる技術力で住まいの性能を追求し続けています。

関連記事:茨城でデザイン住宅建てるなら検討すべきメーカーリスト


↓注文住宅で失敗したくない人は絶対に確認↓

かんたん新築計画

スポンサーリンク

住宅会社とは一線を画す

伝統技術を受け継ぐ確かな技術力

株式会社藏持は2003年に創業されていますが、前身は1946年設立の建設会社。巧みな技術は現代となった今でも継承され続けており、シンプルで無駄のない数奇屋造りを礎として家づくりが持ち味です。

数奇屋造りは日本の歴史的建造物にも取り入れられている日本の伝統技術といえます。周囲の自然と調和しながら、型にはまらず無駄を省いた空間が最大の特徴です。

良質な日本の木材を使用

主要な構造材として用いている木材では、八溝杉という国産品のブランドを使用しています。八溝杉は茨城、福島、栃木にまたがる八溝山系から伐採できる自然素材。水はけが良く、雪が積もりにくいという特殊な環境でゆっくりと育っているため、目が細かく、他の材料と比べて優れた強度を誇っています。

品質基準も全て日本農林規格の規定通りに仕上げており、品質表示も抜かりなく行っています。

熟練された職人によるオリジナルインテリア

良質な家づくりだけでなく、日々の生活に欠かせない家具・建具もオリジナルの品を揃えています。既製品では味わえない、意匠美と機能美を兼ね備えた理想の家具・建具であり、ダインング、リビング、キッチン、ベッドルームといった各空間に最適のものを製作しています。

使用するのは重厚感がありながらも、生活に癒しを与えてくれる無垢材。装飾は必要最低限のシンプルなものであり、空間へ溶け込ませることが何よりも意識されています。

こだわりを追求するオーダーメイド

藏持の家づくりは、注文する人のライフスタイルを細かくヒアリングして、オーダーメイドでつくられます。住む場所、家での活動、生活での趣味など、人生で最も長くいる自宅だからこそ、細部までこだわりをするべく丁寧な対応がなされます。

土地を持っていない人に対しては、土地選びからのサービスも展開しており、好きな暮らしをゼロからサポートする体制となっています。

「和」のデザインなら圧倒的

藏持は創業から受け継がれている数奇屋造りを基調にし、現代の生活に合う家づくりをしています。外観や間取りの幅は多岐に渡り、「和」の雰囲気を大切しています。オーダー制であるため、細かない部分まで融通が利くだけでなく、熟練された職人達の丁寧な手技は大変安心できるでしょう。

一方で、西洋や欧州風をイメージした家づくりを目指す人は、ミスマッチが起きる可能性があります。藏持が持つのは日本伝統の良さを最大限に生かした技術であるため、カフェ風やレストラン調の雰囲気を求める場合は、問い合わせ段階からきちんと要望を伝え、藏持が施工可能かを認識した方が良いかもしれません。

完全オーダーメイド

藏持ではオーダーメイドを採用しているため、一概に「坪〇〇円」という既製品のような販売していません。ただ、過去の完成事例から、およそ1坪あたり60万円からになると予想されます。

●過去の事例

・42.00坪 :  2,500万円 1坪あたり59万円

・35.30坪 :  3,400万円 1坪あたり99万円

・32.90坪 :  2,100万円 1坪あたり64万円

・32.00坪 :  2,400万円 1坪あたり75万円

30〜40坪の土地であれば、2,000万円〜3,000万円で建設は可能のようです。細かな注文を加えると単価も70万円以上になるようです。自身のこだわりと予算を最初に伝えることにより、スームズに家づくりに進むことができるでしょう。

高価格帯商品は口コミが参考にならない

評判や口コミに関しては、賛否両論あります。実際に依頼をした人ではリフォームが丁寧、担当の人が信頼できるといった部分があげられています。地域に根ざした活動をしているため、工事後のアフターフォローも含めて長期に渡り対応できそうな会社という声もありました。

一方で、悪い評判は総じて費用面に関する内容でした。交渉を続けていく中で当初の費用や予算をオーバーしているというものです。一部では見積もり内容の記載が不明という言葉もあり、不信を募らせてしまったようです。価格面できちんとした予算が定まっている場合は最初の段階で予算を正確に伝える必要がありそうです。

お名前自体は以前から耳にしておりましたが、明確に意識したきっかけとしては住宅展示場を拝見したことです。今回のリフォームにあたり、アフターフォロー含め長くお付き合いできる会社を探しておりました。あれだけ立派な住宅展示場をお持ちの会社であれば、倒産等の不安もないかと考え依頼に踏み切りました。担当の方の対応も信頼のおけるものでしたので相見積もりなどはとっておりません。結果として妥当な価格だったと思っております。なにより職人さんがとても気持ちの良い方々でした。

https://www.homepro.jp/kaisha/335351/

リフォームするにあたり、いくつかの住宅展示場を拝見した上でこちらの会社を選びました。そのときの対応や技術の高さなどから信頼できる会社だと判断いたしましたので、相見積もりはとりませんでした。そのことを営業担当の方に伝えたのが良かったのか、期待を大きく上回るリフォームとなりました。これもひとえに担当の方や職人さんのお陰です。分かり易い説明と提案をしていただき、要望にも柔軟に対応してくださった担当の方。私たち以上に細部までこだわり、妥協を許さない姿勢で臨んでくださいました。

https://www.homepro.jp/kaisha/335351/

蔵持ハウジングで建てようかとおもいましたが、辞めました。

理由は、標準がないと言いながら、坪80万位でした。エアコンカーテン別。予算があり、10坪減らしたら340万の減。そして、1坪増やしたら130万の増。どうしてか聞いても、明確な回答なし。見積書での仕様内容も、細かい字で書いてあり、説明なし。後でインターネットでしらべてみたら、断熱材にしても、床材、サッシ等も普通のもの。キッチンセット等も紹介されたものより、後でショールームに行ってびっくり。色々な機能のついているものがあり、その時点で不信感が募り,それからも金額が変更になり、関係が悪くなるのも嫌なのでやめました。

https://www.e-mansion.co.jp/bbs/thread/9672/

蔵持の見積書、詳細がわかりにくいようにしてあり、変ではありませんか?

森の金額は分かっても、森の中の個々の木々は何か、一本一本はいくらなのかが全然見えない見積書でした。何度出していただいても。ここまで曖昧にする必要性があるのかと疑ってしまうようなものだったので驚きました。他のハウスメーカーと比べても格段の差がありました。建築業業界はそう言うものだと、、親友の1級建築士は言うのですが、、、、、それにしても蔵持の見積書の詳細を見せたら驚いていました。

1つ1つの単価は、会社の方針で教えないようです。地元の会社なので、もう少し信頼性のある会社かと思っていたのですが残念でした。

https://www.e-mansion.co.jp/bbs/thread/9672/48/

2つの展示場と「THINK HOUSE」

藏持は茨城県つくば市と牛久市に展示場があるため、事前に連絡を入れれば内見は可能です。職人が技を極めた数奇屋造りを体現した展示場であるため、実際の完成を十分にイメージすることができます。

特に、つくば市の展示場では、数奇屋造りに現代のモダン要素を加えた内装を施しています。インテリアとの調和も抜群であり、和住宅の素晴らしさが実感できると思われます。

藏持は前身の会社の期間も含めて伝統が受け継がれている会社です。日本に伝わる数奇屋造りを体現した家づくりにより、落ち着きとゆとりを体現した空間が実現できるでしょう。

↓よく読まれている記事↓

茨城でデザイン住宅建てるなら検討すべきメーカーリスト

茨城でローコスト住宅を検討しているなら絶対見ておく会社リスト

茨城のリノベーション(リフォーム)業者を調査!評判のよい工務店は?

失敗したくないなら複数社の見積もりを!

かんたん新築計画

地域や予算、その他要望を入力するだけで提携各社を中心に紹介してくれるサービスです。

各ハウスメーカーとのやりとりはすべてコンシェルジュが代行してくれるため、各社と連絡の必要がないというのはのはかなり嬉しい仕組みです。

スポンサーリンク

2021年2月25日会社情報

Posted by ibrk